風俗嬢とは全然違う | 簡単にお金持ちになれる方法は、av女優の募集に応募すること
menu

風俗嬢とは全然違う

金のドレスを着ている女性

ではAV女優の仕事とはそもそもなんなのか?
やったことがない人でも、ある程度AV女優の仕事については理解していることでしょう。
ずばり、いろんな男性とエッチなことをするのが仕事です。
似たような職種としては他にも風俗嬢というものがありますが、AV女優と風俗嬢では似ているようで全然違った職種になっています。

まず風俗嬢というのは、お店が定めているサービスを来店してくるお客さんを相手に提供してあげるのが仕事です。
一方でAV女優というのは、アダルトビデオに女優として出演するのが仕事になります。
つまりAV女優の場合はあくまでもお店ではなく、作品に出演する演者として頑張ることになるわけです。
だから仕事の際にはちゃんと台本が渡されるので、台本のセリフや流れをきちんと覚える必要があります。

では風俗嬢の仕事と比べるとどっちがいいのか?
これについては好みだと思いますが、全体的に見るとAV女優の方が楽しく仕事をすることができるでしょう。
なぜなら、出演する作品によって中身がまったく変わってくるからです。
風俗嬢として仕事をする場合は毎回同じ流れの仕事をただ繰り返すだけになりますので、圧倒的にAV女優の方が飽きずに仕事を続けることができます。
マンネリ化しないというのは、仕事をする上で非常に大きなポイントになってくるでしょう。

そしてAV女優といったら男性とセックスするシーンがあるんじゃないかと誰しも思っているはずです。
しかしその点についても心配いりません。
作品によってはセックスをしなくても大丈夫なので、必ずそうなるとはかぎらないわけです。
もちろん自分で出演作品は選べますし、なにも怖がる必要はないでしょう。